HDDの変わりに購入するメインSSDは何GBくらいが適切であろうか?

最近メインHDDをSSDに換装する動きが高まっております、SSDをメインにすると起動が格段に早くなるので、嬉しいことなのですが、まだまだHDDに比べるとSSDは高価なものです。
そこで、SSDをメインにすえるため購入したいと思うのですが、損はしたくないので適正なSSDを購入したい、という方にオススメのSSDの容量を考察したいと思います。
まず、ご自分のHDDの容量を確認していただき、使用している容量が適正?と考えるのが普通ですが、HDDを使用している人は、容量が多いことを良いことに無駄に容量を使用している人が多いです。
SSDはまだまだ高価なので、これを機会に、容量の使い方を覚えておきましょう。
なんでもかんでもデスクトップに保存、またはマイドキュメントに保存している人は要注意です。
最近パソコンを教えてと言ってきた親戚の叔母などは、これが顕著でして、すべて保存はCドライブ、Dドライブって何?という状態でした。
おかげで、Cドライブの容量はカッツカツで、Dドライブは空、新しい動画が保存できなくなっちゃったのだけど・・・と言われ愕然としました。
ちなみにそのパソコンはCドライブ100GB、Dドライブ500GBでした、叔父さんもパソコンには詳しくなかったようです。
パソコンの構造から教え、まず動画などの保存はDドライブを使うことを覚えてもらいました。
閑話休題ですが、どうしてもCドライブに保存するようなことをやめれば(デスクトップに保存するのもやめましょう)格段にCドライブの容量は減ります。
たまにあるCドライブひとつしかないパソコンは外付けHDDを購入するか、買い換えるSSDにOSをクリーンインストールしましょう。
そういったメインドライブに保存しなくても良いようなデータを全て移動させてしまえば、容量はだいたい128GBで足りると思います。
ちょっとゲームなどをするような人やプログラムソフトが多い人であれば250GBもあれば足りると思います。最新の事例であるおすすめのDDON用ゲーミングPCを参考にするとHDDが2TBになっているデスクトップが多く、SSDは250GBが推奨されています。
なんでもかんでも、Cドライブに入れてしまうような人は512GBと言いたいですが、非常に勿体無いので、できるだけデータはメインドライブとは違うドライブに保存するよう心がけてください。
そうすればメインはSSD250GBがあれば良いと考えられます、値段も1万円ぐらいと手ごろになってきました。
更に1TBほどのHDDがあれば十分ことたりると思います、もし動画などの録画データが多いようでしたら3TB以上のHDDをつけるのが良いと思います。